機能性便秘の種類

上記でも述べた通り、機能性便秘は一過性のものや、生活習慣などの乱れで引き起こされるものがほとんどです。また、機能性便秘は更に3つに分類されます。ここでは、機能性便秘の種類について、ご説明します。

腸まず、弛緩性便秘です。大腸の運動低下、筋肉が緩むことによって引き起こされる便秘の事で、特に女性や高齢者、運動不足の人に多く見られます。水分が不足している為、黒っぽくコロコロと硬い便である事が特徴です。無理なダイエットや加齢による筋力の低下などで便を押し出す力も低下し、起こります。最も多くの人に見られるタイプです。

次に、痙攣性便秘です。緊張状態が続く事で精神的ストレスとなり、その結果、自律神経が乱れて起こる便秘です。弛緩性便秘とは逆に、大腸の筋肉がまるで痙攣しているかのように活発に動く状態になります。最大の特徴は、下痢と便秘が交互に発生する事です。大腸の過剰な運動により、下腹部に痛みを生じる事も多く見られます。

最後に、直腸性便秘です。日頃から排便を我慢する事で引き起こされたり、便が運ばれてきているのにも関わらず、肛門付近の問題によって排便できない事から発生する便秘です。便意を我慢したり、痔などが原因で排便痛のあり、うまく排便できずにいると便意を感じるセンサーは鈍くなります。その結果どんどん硬い便が溜まっていき、更に排便が困難になるのです。