便秘の改善方法

食生活が欧米化したり、現代社会のストレスから、慢性的で頑固な便秘に悩んでいる人は数多くいます。ここでは、便秘の改善方法について、ご説明します。

水まずは、生活習慣を見直す事です。身体は、私たちが思っている以上に繊細です。偏った食事や、運動不足、ストレスなどですぐ体調不良に陥り、便秘につながる事も多くあります。排便を促す為に、まずは食事療法をしましょう。善玉菌を体内に多く取り入れる事を心掛け、ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に食べます。この際、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を食事に混ぜることで、悪玉菌をおさえて善玉菌が活発化し、腸内環境が整い、便秘改善効果が見込めるようになります。また、便が出やすくなるように、しっかりとした量の食事を摂る事が大切です。更に、便を軟らかくする為に小まめに水分補給もしましょう。

次に、生活習慣の見直しです。ストレスや不規則な生活、運動不足は、便秘に大敵です。毎日規則正しい生活をし、十分な睡眠時間を確保しましょう。排便時に使用される腹筋を鍛える為には、腹部を中心とした筋トレやストレッチを積極的に行って下さい。また、ストレスを溜めない為にも好きな事をする時間を設け、日々を楽しむようにします。その他、身体を冷やす事もいけません。冷たいものの食べ過ぎ、飲みすぎを控え、半身浴マッサージで血行を良くして冷えを防ぎましょう。

機能性便秘の原因

機能性便秘と一言で言っても様々な症状があり、原因もそれぞれ異なります。ここでは、機能性便秘の原因について、ご説明します。

女の子まず、過度なダイエットが挙げられます。良く若い女性がダイエットの為に食事制限を行っていますが、これが直接的な原因となる事もあります。食事制限を行うと、腸内で作られる便の絶対量が少なくなっていしまい、便を出そうとしても押し出す事が出来なくなるのです。また、排便を助ける作用がある食物繊維の摂取量も減るので余計便の排出が困難になります。更に、食事制限をする事で、腸内に補充される善玉菌の量も減るので、腸内環境も悪くなり便秘がちになります。

次に、水分不足が挙げられます。排便には、水分が必要不可欠です。食物は胃や腸で必要な栄養素が吸収された後、残りが大腸へ送られます。大腸で水分が吸収される事で、スムーズに排便されるのです。水分不足によって、便が長期間にわたり腸内に留まってしまうと腸壁に水分が吸収され、便がどんどん硬くなり、排便も困難になるのです。最後に、ストレスです。緊張や不安などから来るストレスを持続的に受けていると、自律神経のバランスが崩れ、副交感神経が緊張す状態になり、腸が正常に働かなくなります。

機能性便秘の種類

上記でも述べた通り、機能性便秘は一過性のものや、生活習慣などの乱れで引き起こされるものがほとんどです。また、機能性便秘は更に3つに分類されます。ここでは、機能性便秘の種類について、ご説明します。

腸まず、弛緩性便秘です。大腸の運動低下、筋肉が緩むことによって引き起こされる便秘の事で、特に女性や高齢者、運動不足の人に多く見られます。水分が不足している為、黒っぽくコロコロと硬い便である事が特徴です。無理なダイエットや加齢による筋力の低下などで便を押し出す力も低下し、起こります。最も多くの人に見られるタイプです。

次に、痙攣性便秘です。緊張状態が続く事で精神的ストレスとなり、その結果、自律神経が乱れて起こる便秘です。弛緩性便秘とは逆に、大腸の筋肉がまるで痙攣しているかのように活発に動く状態になります。最大の特徴は、下痢と便秘が交互に発生する事です。大腸の過剰な運動により、下腹部に痛みを生じる事も多く見られます。

最後に、直腸性便秘です。日頃から排便を我慢する事で引き起こされたり、便が運ばれてきているのにも関わらず、肛門付近の問題によって排便できない事から発生する便秘です。便意を我慢したり、痔などが原因で排便痛のあり、うまく排便できずにいると便意を感じるセンサーは鈍くなります。その結果どんどん硬い便が溜まっていき、更に排便が困難になるのです。

便秘とは

便秘と一言で言っても症状は人それぞれで、お腹の張りや腹痛、残便感、排便時に便が固くて時間がかかるなど、様々です。排便回数は人によって異なりますが一般的に、排便回数が週に3回未満が便秘です。ここでは便秘について、ご説明します。

トイレと女の子便秘には大きく分けて2種類あり、機能性便秘器質性便秘に分類されます。便秘は腸の機能が低下していたり、異常をきたしている場合になります。機能性便秘の場合は病気が原因となり引き起こされる便秘ではありません。一過性のものと、習慣性のものに分類されます。一過性の場合、例えば、旅行先でいつもと違う時間での食事や生活リズムなどの環境の変化で引き起こされる便秘や、また、緊張や不安からそれがストレスとなって便秘につながるものであり、これらは原因がわかっていてきちんと原因を取り除けば、便秘も解消されます。

習慣性の場合は弛緩性痙攣性直腸性と更に3つに分類されます。習慣性便秘の場合も、食生活や生活習慣の乱れによるものがほとんどですから、日常生活を見直す事で改善されます。器質性便秘とは、胃や小腸、大腸、肛門などに疾患があり、便秘の他にも吐き気や嘔吐、激しい腹痛、血便などの様々な症状が現れ、病気により引き起こされる可能性の高い便秘の事です。これらの症状がある場合は、自己判断で対処せず、必ず医師に診てもらう事をおすすめします。

便秘に悩んでいる人は非常に多く、症状も軽度なものから重度なものまで様々です。辛い症状が長く続いたり、症状が改善されない場合は速やかに医師に相談しましょう。